タグ別アーカイブ: フランス

ワインデビューにおすすめしたい、アルザスワイン!

こんにちは!
フレンチレストラン「POMPETTE」のスタッフ、すずきです。
ずいぶん寒い日が増えてきましたね……九州南部の出身なので、毎年「都会の冬は寒すぎる!」とぶるぶる震えております……(笑)

**********

さてさて。
タイトル通り、今日はフランス北東部に位置するアルザス地方の話をしたいと思います!
2回にわたってお届けする予定で、今回は土地や歴史についての情報は無しでいきます。
なぜかといいますと、私がアルザスワインを大好きなので間違いなく長くなるからです!!(*´Д`)
あんまり参考になる話はできないと思いますが(笑)お付き合いいただけたらありがたいです。

**********

私が初めてワインを美味しいと思ったのは、忘れもしない「ゲヴュルツトラミネール」を使った1本でした。
(しかしアルザス産ではなかった/笑)

それまでは「飲めるけど焼酎のほうがいいな~」くらいにしか思っていなかったワイン。
ところが「ゲヴュルツトラミネール」というぶどうに出会ったことで、大きな衝撃を受けたのです。

「なにこれワインなのにライチの味がする!!!」

まあびっくりしました。ええ。
そこで初めて、ワインという飲み物にはかなりバラエティーに富んだ香りや味わいがあること、それを感じて楽しむことの面白さを知ったのでした。
一度面白さに気づくと、あれもこれもと試してみたくなりますよね。
どんな場所で、どんなぶどうを使って、どんなふうにつくるか。そのひとつひとつが積み重なって、本当に千差万別、多種多様な素晴らしい逸品が世界中で生み出されているんだということを体感できて、あっという間にワインが大好きになりました。

さて、より楽しむためにいろいろなことを知りたいなと思い始めた私は、ワインの魅力に気づくきっかけとなった「ゲヴュルツトラミネール」というぶどうを調べてみました。
すると、どうやらフランスのアルザス地方やドイツなどでよく使われているぶどうだということがわかりました。

はい、ここで冒頭の「アルザスワイン大好き!」につながってくるわけです(`・ω・´)

やや甘口でライチの香りが強かった、初めてのゲヴュルツトラミネール from アメリカ。じゃあ生産が盛んな地域のものはどんな味なんだろう、とアルザスのゲヴュルツを飲んでみたところ、だいぶツボに入ってしまいまして。当時は飲めてもボトル半分くらいだった私が、一晩で一本飲み切ってしまうほどでした(笑)
じゃあ同じ産地の他のぶどうはどうかな、と思っていろいろ飲んでみたのですが、どうやら私はアルザスという土地でつくられたワインがおおむね好みであるらしいということに気づきました。
なんといっても、飲みやすい。
ここですよ。
アルザスワインは赤よりも白のほうが多いんですが、ドライなものからやや甘口のものまでいろいろあります。個人的な印象ですが、すごくきれいな味わいのものが多いと思っていて、それはアルザス地方が山岳地帯であるということが大きく影響しているんだろうなと。
ドイツに接していることもあって、やや甘みを感じるテイストのものも結構あったりするんですが、飲み込んだ後がクドくないので飲み疲れしにくいと思います。
普段ワインを飲まない、これから開拓していきたいというひとに、ぜひ試してみていただきたい。
ほのかな甘みと香り、酸のバランス、そんなに大きく外れない印象があるので、たぶん失敗しにくいと思いますよ。
特に女性ウケしそうな気がします。甘いカクテルしか飲めないという女性の皆さん、ワインデビューするならアルザスの白ワインをぜひ!

……ちなみに「ゲヴュルツトラミネール」はけっこう個性的なものが多いので、「リースリング」というぶどうから始めてみるのをおすすめします(笑)

**********

私のアルザス好きが伝わったでしょうか(笑)
次回はあらためてアルザス地方を取り上げまして、気候風土や背景、ワイン生産についてお伝えしたいなと思います~。
また読んでいただけたら嬉しいです!

**********

 

 

**********

POMPETTE のいろいろ!

<facebook>
https://www.facebook.com/pompette2016

<Instagram>
http://instagram.com/1124pompette

<LINE>
https://line.me/R/ti/p/%40xhk1691p

<月曜限定貸しスペース>
https://www.pompette.jp/event/rental.html

**********

1歳になりました!(*’ω’*) & もうすぐクリスマス!

こんにちは!
POMPETTEのスタッフ、すずきです。

2017年11月24日、「POMPETTE」は1歳になりました!
お店に来てくださった方々はもちろん、ホームページやブログ、インスタグラムなどをはじめとする各SNSにアクセスしてくださる皆様のおかげで、日々を積み重ねてここまで来ることができました。
本当にありがとうございます。
また1年後、お礼の言葉を伝えられるようにがんばっていきます。
これからも応援よろしくお願いします!

**********

さて、昨年はオープンから1ヶ月後というタイミングだったため、特に何もしなかったクリスマス。
今年は違います!

クリスマス限定コース、ご用意します!!

ランチは12/23、12/24の2日間。
ちょっと贅沢な2,800円コース。

ディナーは12/23~12/25の3日間。
6,000円と8,000円の2パターンからお選びいただけます。

webからのご予約も可能ですが、お電話だともっと嬉しいです!(笑)
ご連絡いただく際には、苦手なものやアレルギーもおしらせくださいね。

ご予約、お待ちしておりまーす!!

**********

次回こそ、ワインの話をします……!
また読んでいただけたら嬉しいです(*`・ω・´)

**********

 

 

**********

POMPETTE のいろいろ!

<facebook>
https://www.facebook.com/pompette2016

<Instagram>
http://instagram.com/1124pompette

<LINE>
https://line.me/R/ti/p/%40xhk1691p

<月曜限定貸しスペース>
https://www.pompette.jp/event/rental.html

**********

環境ってたいせつだよね

こんにちは!
目黒のフレンチレストラン「POMPETTE」のスタッフ、すずきです。

前回はヴィオニエというぶどうについてのお話でしたが、今回はそのヴィオニエが広く栽培されるようになったフランスの「ラングドック・ルシヨン地方」をご紹介したいと思います(・ω・)

昔はじめて習ったときは「ラングドック地方」「ルーション地方」と別々で教わったんですが、いまはひとまとめで扱われているようです。しかし「ルーション」じゃなくて「ルシヨン」っていうカタカナ表記が浸透しているようで、そこは知りませんでした。

場所はこちら。

ローヌ河からピレネー山脈があるスペイン国境まで続き、地中海沿岸をぐるっと囲んでいる、大規模なワイン産地です。
こういう場所なので、陸からも海からも常に風が吹いていて、湿度が低い点や日照日数が年間315日を超える点がぶどうの生育にとっても適しています。好条件がそろっていて、農薬をあまり使わずにぶどうを育てられるため、フランス随一のビオワインの産地でもあります。

もともと紀元前からぶどう栽培をおこなってきた地域で、ワインにまつわる歴史はとても長く、ローマ時代にはナルボンヌという町がワインの輸出港として非常に有名でした。
そのほかにもカルカッソンヌやニーム、モンペリエなど、多くの町にローマ時代の遺跡が点在しているので、観光にもオススメですよ~!

で、一昔前は、ブルゴーニュやボルドーといった名醸地とはまったく違って、大量消費のテーブルワインが量産される地域として認知されていました。
しかし、1960年代にフランス国内のワイン消費が「量より質」という傾向にシフトしたことによって、安くて量のあるワインの生産がメインだったラングドックは大打撃を受けます。ぶどう畑が放棄されちゃったりもします……。

そこで登場するのが、新しい試みのために新天地を求めたワイン生産者たちです。
彼らは、放棄されてしまった畑を買い取ったり、あまりメジャーじゃなかったぶどう品種を栽培したり、実験的なブレンドをしたりと、いままで培ってきた技術をもとに「つくりたいワイン」を追求する場所としてラングドックを選んだのです。

というのも、フランスのワインで有名な産地は「原産地統制呼称制度」という制度に基づいて、その品種や醸造、熟成など細かい規定を設けられており、畑のある場所次第ではかなりの制限を受けることになります。
「あれやっちゃだめー」「これ条件不足で販売できないよー」って言われちゃう要素が多いんですね。
その点、ラングドックは赤・白・ロゼ・発泡・天然甘口ワインなど幅広いワインを生産することが可能なので、比較的挑戦しやすい環境だと言えます。しかもぶどう栽培に最適な気候だしね。

そういうわけで、ラングドックという場所は、いま「旧世界の中の新世界」と呼ばれたりして、フランスの中でも今後を非常に期待される産地となっています。
近年では、テーブルワインよりも1ランク上のカテゴリーの「ヴァン・ド・ペイ」と呼ばれるワインが生産量を伸ばしているので、安価で品質の良いワインがどんどん増えてくる可能性大です!

観光するにも良し、ワインを選ぶにも良し!
「ラングドック・ルシヨン地方」って、かなり魅力的な土地だと思いませんか?(・∀・)
スーパーやコンビニでも見かける機会が多い産地なので、ぜひぜひ手に取ってみてくださいねー!

**********

さて。
次回は、だんだん秋めいてきたので、赤ワインにまつわるお話をしようかなと思ってます。
また読んでいただけたら嬉しいです~!

**********

 

 

**********

POMPETTE のいろいろ!

<facebook>
https://www.facebook.com/pompette2016

<Instagram>
http://instagram.com/1124pompette

<LINE>
https://line.me/R/ti/p/%40xhk1691p

**********