ワインをおいしく飲みたい。


こんにちは!
目黒のフレンチレストラン「POMPETTE」のスタッフ、すずきです。

オープンからずっと facebook でいろいろと情報を発信させていただいていたのですが、このたびブログを開設することにしました。
というのも、最初に書いてあるとおり「POMPETTE」はフレンチのお店……であるにもかかわらず、他愛ないネタばっかりでワインの話題どこ行った! と思ったからです(笑)

そんなわけでブログでは主にワインのこと、それも「POMPETTE」で扱っているものからそうでないものまで幅広くお伝えしていきたいなと考えています。
ワインそのものはもちろん、ワインのもとであるぶどうのこと、生産している国のことやワインを取り巻く環境のこと、ちょっと知っているとより一層ワインを飲むのがおいしく楽しくなるようなこともお話ししていきたいので、私自身も日々勉強しながら更新していきます!(・ω・)

また、ブログ内にはカテゴリーというものがありまして。
POMPETTEのシェフ・谷口による「シェフブログ」カテゴリーも近日公開予定です!
シェフが過ごしたリヨンの話、食材の話、お料理の話など、なかなか直接聞く機会のないことも投稿してくれます。
こちらもお楽しみにー!

**********

さてさて。
いちばん最初に何をお話ししようかなーと考えたんですが、やはりここはフランスワインですよね!
だってフランス料理屋さんだもの!
というわけで、今日お店でご用意しているフランスワインのなかから、「Cazal Viel Viognier Grande Reserve」(本当は Reserve の2文字めにフランス語の記号がつきます)を取り上げたいと思います!

「Viognier」と書いて、ヴィオニエと読みます。使われているぶどうの名前ですね。
ヴィオニエというぶどうを使ったワインは、よく白い花のような香りと評されます。
そう聞いて飲むと、あら不思議、イメージと味が結びついてとっても華やかな印象を受けます。果実味がしっかり、コクのある仕上がりのワインが多いので、すっぱい白ワインが苦手な方はとりあえずヴィオニエだったらハズレを引くことも少ないでしょう(100%とは言い切れませんが)。

最近はフランス以外の国でも育てられるようになってきたヴィオニエですが、もともとはフランスの内陸部のちょっと南寄り、ローヌという地方の土着品種でした。いまではもう少し南のラングドック地方のあたりでもたくさん育てられています。
育った環境によって糖度や酸度が変わるのは、くだものも、生き物も、それから人間も同じです。
「Cazal Viel」は、ラングドックの太陽をたくさん浴びてよく育った、ぷりっぷりで濃厚なぶどうの味わいをしっかり反映させているふくよかなワインに仕上がっています。
そんな1杯なのでワインだけでももちろんおいしいんですが、食べ物と合わせるのなら白身魚とか鶏肉とか、それからチーズもいいですね~! ……想像しただけで口の中がしあわせです(笑)

華やかで飲みごたえのあるワインがお好みであれば、ヴィオニエ、おすすめの品種です!

**********

産地について少し触れましたが、次回は「Cazal Viel」に使われているぶどうが育ったフランス・ラングドックという土地を、もう少し掘り下げたいと思います!
ぜひお付き合いくださいませ~!

**********

 

 

**********

POMPETTE のいろいろ!

<facebook>
https://www.facebook.com/pompette2016

<Instagram>
http://instagram.com/1124pompette

<LINE>
https://line.me/R/ti/p/%40xhk1691p

**********